たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  小平市 小平市

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
コナパパ
コナパパ

2019年06月26日

仕入業者さんからの・・・メール

包装資材の会社シモジマさんからのメール原文
いいこと・・・言っていますので・・・
よろしければ読んでくださいface02

シモジマ時事通信



もしも世界からレジ袋が消えたなら、どうなると思いますか?
そのとき、あなたはいったい、どうしますか―――?



be-woodさんこんにちは!
いつもシモジマオンラインショップをご利用頂き、誠にありがとうございます。

冒頭、感動超大作映画の告知コピーっぽいモノを書きましたが、
今日のメルマガ、テーマは「レジ袋有料化」をはじめとする「脱プラスチック」の動きについて。です




今月はじめ、ついに全国の小売店でのレジ袋無償配布禁止(=レジ袋有料化)を法令で義務付けるという方針が政府から発表されました。
具体的な開始時期は未定ですが、早ければ来年4月には施行される見通しです。

でも、日本のこの対応、世界の先進国の中だとけっこう遅れちゃっていますよね。

例えば、中国では2008年にはすでに小売店のレジ袋が原則有料になっています。イタリアやフランスなどの
ヨーロッパ圏でも、買い物の際にレジ袋を使用しないのは当たり前。
アメリカでは、NY州で2020年3月から使用すること自体の禁止が決定しています。

改めて書き出してみると、いかに「レジ袋ばなれ」が世界のトレンドかがわかります。
正直、「母国、五輪を前にしてやっとだったのか~」という印象です

このままの流れでいくと、いわゆる“レジ袋”が完全に姿を消す日も、そう遠くはないかもしれない……

でも、話はそこで終わりでしょうか?
レジ袋が消えても、そもそもの問題となっている海洋を汚染するプラスチックの量はまだ膨大なものです。
レジ袋の規制は、あくまでも第一歩。

とすると、世界からレジ袋が消えたなら。次にやってくる、新たな脱プラの波があるのでは?

例えば、ペットボトルやストロー。それから、使い捨ての食品容器など。今年の10月に税制が変わって軽減税率が導入されたら、
テイクアウト・デリバリーのシーンでさらに活躍するはずですが、そこにも規制が加わる未来の可能性、ゼロじゃないかもしれません。

プラスチックって、その便利さに気付かないくらい、当たり前にわたしたちの毎日を支えているんですよね。完全になくす、というのは現実的とは言えないと思います。
それでも、増え続けるプラごみが無視できない課題となっているのも、また事実




引き返せないところまで問題を先延ばしにしてしまったら、後からかなり重たい制限を設けざるを得なくなるかもしれません。
溜めてしまった夏休みの宿題を、8月の終わりに一気にやらなくちゃいけなくなるみたいに。

ある日突然、プラスチック全部禁止ー!これからはプラスチックなしの世界です!!なんて、世紀末な事態になったら大変ですよね。

では、そうなる前に(さすがにそんな極端なことは起こらないとは思いますが)、今できることってなんでしょう?


まず目につくのが、プラ→紙への素材の転換です。

最近、よくかわいい柄の紙製ストローを見かけませんか?見た目がナチュラルでおしゃれなだけでなく、
環境に優しい紙ストローは、大手カフェチェーンも導入を発表しています。

ブランドショッパーをポリ袋から紙袋へ変える小売店も少なくありません。

また、プラスチック自体も、環境に優しいものが開発されています。

シモジマでも植物由来の生分解性プラスチックで作ったグリーンEFハンド、というポリ袋製品を扱っています


とは言うものの、従来のプラスチックに比べて紙や生分解性プラスチックはコストが高く、
なかなか踏み出すのが難しいと思います。理想と現実は違いますよね。

ですが、ひとりひとりがエコな選択を意識することによって、そのハードルは下げられるのではないでしょうか。

それはちょっとの変化、ささいな努力かもしれません。けれど、それを早くから始めることで、
便利な社会をより長く、未来へとつなげていけるはずです。

……なんだかちょっと壮大な話になっちゃいました笑

ともかくも、わたしたちの日常にやってきた、レジ袋有料化のニュース。

自分の毎日が大変なんだから、地球のことまで頭まわんないよ!という方も多いかもしれませんが、
これを機会にエコについて考えてみるのも、素敵な選択肢ではないでしょうか?
________________________________________


  

  • Posted by コナパパ at 10:42Comments(0)