たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  小平市 小平市

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
コナパパ
コナパパ

2020年02月09日

たまには・・・書くか

2020年明けて早1ヶ月が過ぎ・・・
オリンピック効果とは無縁のbe-woodface03

たまには・・・ブログでも書きますかね~face16
と言うことで?
アメリカンコーヒーのお話icon33

今の若い方は、アメリカンコーヒーってなあ~に?って感じで、業界では完全「死語」となった可哀想な珈琲のお話face11
ところで「アメリカンコーヒー」とは・・・

昔のアメリカ人は日常的に何杯の珈琲を飲む習慣で、薄く淹れた珈琲を好んでました。
このレシピが、とある日本の喫茶店(ポエム)が昭和40年代後半から日本で流行らせました。

この頃から、お砂糖・ミルク・なしのブラック派が増え、レギュラー珈琲を段々と家庭に浸透させた素晴らしいレシピなのです。
しかし、お店によって様々なレシピがあって、蒸らしなし・お湯割り・粉減量等々ありますが・・・
大きな間違いではないのですが・・・
本当の?アメリカンコーヒーは・・・

まろやか配合(コロンビア40%・ブラジル30%・モカ20%・ロブ10%)のミディアム焙煎した珈琲をまず30秒ほど蒸らす、で
カップ分のお湯を一気に注ぐ、そうすることで、昔カウボーイたちが野外で淹れる粗挽きネルドリップ珈琲の味に似た香りが楽しめる、
チョットカッコイイ?ワイルドな珈琲になるのです。どうですか~アメリカン・・・奥が深いでしょ。

お父さん・お母さん、是非!お子さんたちに教えてくださいませ。
珈琲に時代遅れ?なんてない事を。


たまには・・・書くか



  • Posted by コナパパ at 12:58│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    たまには・・・書くか
      コメント(0)